ダニに刺されたらどうする?掻いちゃいけないとわかっていても…

6月から9月頃は、ダニが繁殖しやすい季節です。

 

それに伴い、『ダニに刺された』という事案も
たくさん発生しています。

 

もしもダニに刺されたら、どのような処置をすれば良いのでしょうか。

 

ダニに刺されると、ものすごいかゆみを伴います。
蚊にさされたときとは比べ物にならないほど強いかゆみです。

 

そして、ダニに刺されたところは色素沈着しやすくなっています。

 

つまり、ダニにさされたところを掻くと
『跡が残りやすい』ということです。

 

特に女性の場合は、跡が残るのは避けたいところですよね。

 

症状自体は蚊にさされたときと似ていますが、
蚊よりもダニの方が跡が残りやすいと言われています。

 

掻いちゃいけないと頭では理解していても、
かゆみに耐えるのは難しいですよね。

 

どうしてもかゆみに耐えられないようなときには、
皮膚科を受診してかゆみどめの内服薬を処方してもらいましょう。

 

外用薬自体はステロイドの市販薬でも問題ありません。

 

『ムヒアルファEX』や『ウナコーワα』などには
ステロイドが含まれているのでダニには効果的です。

 

ステロイドとは副腎皮質ホルモンのことで、
かゆみの原因となる物質が作られるのを阻害する働きがあります。

 

今出来ているかゆみを止めるだけでなく、
かゆみの原因をなくすことの出来るステロイド薬が
ダニにはおすすめなのです。

 

それほどダニのかゆみは強烈だということです。

 

ステロイドは効果が強い反面、もちろん副作用もあります。

 

しかし市販薬に配合されている程度のステロイドでしたら、
副作用の心配はありませんので安心してください。

 

そして、ダニに刺されたということは、
布団やカーペットなどにダニがいるということです。

 

ダニは放っておいても消えてなくなるものではありません。

 

ダニ取りシートなどを使って、
一刻も早くダニを除去することが欠かせません。

 

下記におすすめの駆除方法を紹介していますから
参考にしてみてください。


今すぐダニを駆除する「ダニピタ君」の効果・口コミ

一度ダニに噛まれたら、布団などに必ずダニがいます。
ダニは放っておいたらいなくなるものではありません。

これ以上被害を拡大させないためにも、
早急にダニの駆除に取りかかりましょう。

また、ダニアレルギーの症状がある人は、
ダニから離れなければなりません。

人を刺すダニは主に『ツメダニ』というダニですが、
ダニアレルギーの場合は全てのダニに反応します。

チリダニやイエダニは一年を通して存在しているので、
一年を通してダニを除去することが大切です。


ダニ駆除に最も効果的!「ダニピタ君」の口コミ・評価


手軽でおすすめの駆除方法は、ダニピタ君を使うことです。

ダニピタ君とは、ダニが好む香りの誘引剤を使用し、
日中隠れていたダニをおびき寄せ、捕獲するダニ取りシートのこと。

ダニを生きたまま捕まえる事で、ダニの死骸が飛散せず、
ダニアレルゲンが減少します。

殺虫剤を使用していないので子供やペットのいても
安心して使えるんですよ。

使い方も簡単で、布団やソファ、カーペットなどに
ダニとりシートを置いておくだけです。




気になる所に置いて、
3ヶ月後、集まったダニをシートごと捨てるだけ。

3か月ごとに交換すれば、ダニの駆除はばっちり!

ダニピタ君は日本製で安心ですし、
口コミでも評判が良いんですよ。

Amazonでも購入できますが、公式サイトから買ったほうが
お試しプレゼントが付きますし、27%オフで買えるのでお得です。


掃除機をかけても、布団を干してもダニに刺される
という人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

ダニ刺されがなくなると、夜も快適に過ごせますよ。

ダニピタ君の公式販売サイトこちら