犬のダニの正しい取り方とは?

犬を飼っていると、犬がダニに刺されることは珍しくありません。

 

ペットショップや動物病院などでは、
ダニ対策のポスターや予防接種の案内などが置かれているのを
見たことのある人もいるのではないでしょうか。

 

特に夏頃はダニの繁殖期なので、
ダニに刺されないようにしっかりと対策をしてあげなければなりません。

 

ダニは、犬の顔周辺(目のまわり・おでこなど)や
耳、首、肩などをよく刺します。

 

本来ダニは小さくて肉眼で確認することは難しいです。

 

しかし、たとえば犬の耳元などで、血を吸って
パンパンに膨れたダニを見たことのある人もいると思います。

 

ダニが飼い犬を刺しているのを発見したら、
咄嗟に払い落としたくなると思いますが、
無理やり引っ張って剥がすのはやめましょう。

 

ダニは吸血するとき口の部分を差し込みます。

 

無理やり引っ張ると口の部分だけが犬の体内に残り、
皮膚炎やキズの元となってしまうのです。

 

ダニを見つけたらダニに直接駆除薬を垂らすか、
『ダニツイスター』という道具を使ってダニを取りましょう。

 

ダニは駆除薬を垂らすことですぐに死にます。

 

一方ダニツイスターは、
ダニをスポッと引っこ抜くことが出来る道具です。

 

ダニツイスターで取ったダニはまだ生きていますので、
取ったダニはガムテープなどにくっつけて処分してください。

 

また、刺したダニがマダニだった際は注意が必要です。

 

マダニは殺人ダニとも呼ばれており、
恐ろしい感染症を持っている可能性があるのです。

 

もしもマダニに刺されたときは、
速やかに医療機関を受診するようにしてください。


今すぐダニを駆除する「ダニピタ君」の効果・口コミ

一度ダニに噛まれたら、布団などに必ずダニがいます。
ダニは放っておいたらいなくなるものではありません。

これ以上被害を拡大させないためにも、
早急にダニの駆除に取りかかりましょう。

また、ダニアレルギーの症状がある人は、
ダニから離れなければなりません。

人を刺すダニは主に『ツメダニ』というダニですが、
ダニアレルギーの場合は全てのダニに反応します。

チリダニやイエダニは一年を通して存在しているので、
一年を通してダニを除去することが大切です。


ダニ駆除に最も効果的!「ダニピタ君」の口コミ・評価


手軽でおすすめの駆除方法は、ダニピタ君を使うことです。

ダニピタ君とは、ダニが好む香りの誘引剤を使用し、
日中隠れていたダニをおびき寄せ、捕獲するダニ取りシートのこと。

ダニを生きたまま捕まえる事で、ダニの死骸が飛散せず、
ダニアレルゲンが減少します。

殺虫剤を使用していないので子供やペットのいても
安心して使えるんですよ。

使い方も簡単で、布団やソファ、カーペットなどに
ダニとりシートを置いておくだけです。




気になる所に置いて、
3ヶ月後、集まったダニをシートごと捨てるだけ。

3か月ごとに交換すれば、ダニの駆除はばっちり!

ダニピタ君は日本製で安心ですし、
口コミでも評判が良いんですよ。

Amazonでも購入できますが、公式サイトから買ったほうが
お試しプレゼントが付きますし、27%オフで買えるのでお得です。


掃除機をかけても、布団を干してもダニに刺される
という人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

ダニ刺されがなくなると、夜も快適に過ごせますよ。

ダニピタ君の公式販売サイトこちら